双極性感情障害による障害で障害厚生年金2級を受給できた事例

相談者様の情報

年齢 30 歳
性別 女性
傷病名 双極性感情障害

相談時の状況

当事務所のホームページをご覧いただき、メールにてお問合せをいただきました。
躁と鬱の状態が激しく辛い状態。外出も難しく、自宅で寝たり起きたいの状況とのこと。
面談については、体調により外出が難しいとのことでしたので、ZOOM面談で行なうことにしました。
なお、お話により、初診日から1年6ヶ月後の認定日については、医療機関には受診していなかったとのこと。事後重症で進めることにしました。

サポート内容

事前に、日常生活の状況や、これまでの経緯等を書いていただけるようご自宅へ送付。それを元にZOOM面談を行ないました。
ご本人様の体調が悪いため、上手く話しができるか不安とのことで、ご主人様もご一緒にZOOM面談に参加していただきました。
ご本人様では気付けていないことも、ご主人様から見た客観的なお話を伺え、日常生活で困っていることがより詳細に把握できました。
それを元に病歴・就労状況等証明書の作成。書類作成にとても助かりました。

結果

障害厚生年金2級が決定しました。
決定通知書がお手元に届いた際は、とても喜んでいらっしゃいました。

初診日から1年6ヶ月目を「障害認定日」といい、原則、その障害認定日から3ヶ月以内の診断書を添付することで遡及請求が可能です。今回のご相談者の場合、障害認定日頃には、医療機関に受診していなかったとのことで、事後重症請求で致しました。障害年金の請求方法について、「障害認定日請求」「事後重症請求」「遡り認定日請求」がございます。お話を伺いながら、ご一緒に考えてければと思います。

#
障害年金無料相談受付中!
お電話でのお問い合わせ
050-3177-4905
受付時間 9:00〜18:00
ご予約で夜間・休日対応可能
受付時間 9:00〜18:00
ご予約で夜間・休日対応可能
#
#
#
一分間受給診断
サポート費用
アクセス
相談のご予約
受付時間 9:00〜18:00
050-3177-4905
メールでの
お問い合わせ
LINE
相談のご予約
メールでのお問い合わせ
一分間
受給診断
サポート費用
アクセス
LINE